01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.23 (Wed)

信じられない行動とは、、

チャトくんの『のっけ技』を撮っているとき、

『ガウッ!ガウッ!』と言う声。

なに?と見ると、

マルボイがランに入ってきたばかりのコリー系の大型犬(40キロくらいかな)

に飛びかかっている光景が目に入ってきた。

他の犬に吠えられても、吠え返さずに無視するタイプのマルボイがなぜ?

こんな光景、初めて見ました。

あわてて静止させたけど、マルボイの口には毛がいっぱい。

幸い、大型犬の毛が長かったので、事故にならなくて本当によかった。

いつもランでは、念のため、挨拶させてから放すようにしていて、

あとから入ってくる犬のことも、俺がしっかり見ていて、
(子供たちがいるので)
みんなに話をし、誰かがマルボイを一旦リードにつなぐルールにしている。

今回も、コリー系の大型犬の姿が見えたので、

話をして、かみさんがリードでつないでいたんだけど、

息子(小3)がふざけて、挨拶前にフックをはずしちゃったらしい。

子供たちにとって、今回のことはいい勉強になったと思います。

それにしても、ランというのは挨拶が出来ないシーンも多々あるわけで、

そんなときも、こんな行動はしたことがない。

ここ数日、原因を考えていました。

未成犬として我が家にやってきたマルボイ。(そのことの記事

1才までは、かみさんが半分ノイローゼになるほど、

しつけに困り、1つ1つ原因を考えてみんなで努力してきた。

そして、最終的に出した答えは、

おそらくまともなパピー生活を送っていないマルボイは、

人が思っている以上に愛を求めているんじゃないかと。。

それからは、どこに行くのも『いつも一緒』、

同時にアイコンタクト(そのことの記事)に力を入れていきながら、

マルボイはおだやかな犬へと変わっていったのです。

よくあることだよ!と言われるかもしれないけど、

これまで、真剣にやってきた分、

今回のこの行動は本当にショックでした。

考えすぎですかね?

ところで、考えられる原因。

以前、しつけ本を読みあさっているときに見た文章を思い出しました。

『犬をたたいてはいけない。

一度でもたたくと人は忘れても犬は一生忘れない。』

もちろん、マルボイをたたいたことはないけど、

実はマルボイが1才くらいのとき、

今回の大型犬によく似た犬にランで追いかけ回されて、

背中をかまれたことがある。

もしかしたら、そのことがトラウマになっていたのでは。

同時に、3才をすぎ、我が強くなってきて、

『楽しく遊んでいるのに邪魔するなぁ!』と思ったこともあったのかもしれません。

マルボイはしゃべれないのであくまで憶測だけど、

このことを子供たちに話をして、

今回のことをしっかりとうけとめ、

また、みんなで解決したいと思っています。

大型犬の飼い主さん、そしていっしょに遊んでいたチャト家のみなさん。

驚かせてしまって、すいませんでした。

《おまけ》

へこんでる俺に、

子供たちが、

『暴れん坊将軍』に真似て、

マルボイ将軍

『マルボイ将軍!』と笑わしてくれました。

ありがとさん♪

ブログ村
↑ビーグルランキングに参加中!クリックお願いしま~す♪ 

テーマ : ビーグル - ジャンル : ペット

タグ : ビーグル ブログ ビーグル犬 写真 EF35f2

11:13  |  しつけ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

はじめまして

こんにちは。 ちょくちょく黙って覗いているあやゴンmamaです。

先日事故にあいかけて、もう一度しつけや生活面を見直さなければ、ワンコとの暮らしがうまくいかなくなるかもと思っているところにこの記事を見つけたので・・・

なかなか辛抱がたりなくてしつけができないわが家。 マルボイくんの成長ぶりを参考に頑張ってみようと思います。
いろいろ教えてください。 よろしくお願いします。
あやゴンmama |  2009.09.23(水) 12:01 | URL |  【編集】

今のマルボイくんからは、ノイローゼになりそうなほどだった なんて考えられないもんね
原因はnomikoaさんが考えるとおりだと思いますよ
以前、教えていただいたんですけど、ビーグルは狩をしたり群れで行動する習性があるので特に仲間意識が強い犬種だそうです
家族と友達と限られたスペースで楽しんでいたところ、自分たち仲間のテリトリーに侵入者が!
過去に噛まれた経験もあって、悪いヤツが侵入してきたぞ!!って思って
勝気で体力的にも強い年頃になって、みんなを護りに突撃したんじゃないかな?
うちも4歳頃は血気多感な感じでしたよ
それまでは大型犬を怖がっていたのに、急に鼻息荒くなった感じ
大型犬と柴犬系のわんこが来た時には、1度リードに繋いでました
5歳になったら、最近また変わったなぁと感じます
自分んちの子(わんこ)の特性を承知して、防衛策をとっていればいいんじゃないかな
マルボイくんが、そんな悪い犬になってしまったってことじゃないよ
わんわんママ |  2009.09.23(水) 22:17 | URL |  【編集】

専門家でもないし、マルボイくんのことをよく知っているわけでもないので正しいことはわかりませんが・・・
いつもドッグランに行っているので犬どうしのけんかはよく見ます
花がおもちゃの取り合いで初めてけんかをしたときはやはりショックでした
性格はおとなしいし挨拶もちゃんとできて誰とでもうまくやっていけると思っていた子でしたから
どうしても我慢のできないこと、思いがあるのは仕方がないような・・・
よほど訓練された犬でないと無理のような気がします
止めに入った時にすぐ落ち着くことができるのならそれでいいのでは・・・
興奮させないように気をつけることは大切ですよね
女の子の花でさえ売られた喧嘩はかっちゃうんですよ・・・
今までどおり愛情いっぱい、時には厳しくでいいんじゃないですか~
花haha |  2009.09.24(木) 10:18 | URL |  【編集】

あやゴンmama さん

コメントありがとうございます♪
お返事は昨日のコメントの通りですが、
一緒に勉強していきましょうね!
よろしくお願いします♪
nomikoa |  2009.09.24(木) 18:25 | URL |  【編集】

わんわんママ さん

原因あってますかねぇ。
とても心強いですよ!

そういえば、たしかに、
1年前に会ったときより、
おとなしくなった感じがしましたよ。
みんなが通る道なのかもしれませんよね。

ありがとうございます♪
nomikoa |  2009.09.24(木) 18:30 | URL |  【編集】

花haha さん

花ちゃんも穏やかですもんね。
ショックだったことでしょう。
わかりますよ。
花haha さんの言うとおり、
仕方ないことは仕方ないで、
その辺を理解しながら、
やって行きたいと思います。
ありがとうございます♪
nomikoa |  2009.09.24(木) 18:35 | URL |  【編集】

ありがとうございました

コメント遅くなりました
この記事読んだ後バーディ家はこれからアップしますけど小諸のドックランに下見に行ってきました
この記事読んでおいて良かったー
バーディは割りと友好的ワン子なのでドックランに入る時はリードして一応ご挨拶
でも後から入ってくるワン子にはちょっと・・・・でした。
でも昨日はこの記事のおかげでバーディママは助かりました
入り口のところで門番してたバーディが毛を逆立てて吠えています
私は慌ててリードで繋ぎそのワンちゃんから遠ざけ、落ち着いてから繋いだままそのワンコにご挨拶、その後は一緒に仲良く遊べました
この記事のおかげです
近所の甲斐犬がちょっと苦手なバーディ
そのワンコに似てたせいかな?なんて思ってみましたが
この間のお山のドックランの様にあんなに沢山ワンコが集まれば挨拶しきれませんものね
ちょっと考えてしまいました
大変長くなりましたがごめんなさい
バーディママ |  2009.09.25(金) 19:43 | URL |  【編集】

バーディママさん

小諸、よさそうなところですね!
また遊んでください♪

バーディくんもおだやかなのに、
そういうことがあったんですね。
似てたということはあったんだと思いますよ。

この記事が少しでもお役にたてたのならば、
とてもうれしいです。
こういうことがあると、ちょっと考えてしまいますよね。
お互いに気を引き締めて行きましょう!
nomikoa |  2009.09.27(日) 13:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://maruboi.blog94.fc2.com/tb.php/358-fad8e8f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。